居抜きオフィスに関して

居抜きオフィスの特徴やメリットを詳しく説明します

居抜きオフィスはオフィス移転の新しい選択肢

オフィスの移転には費用がかかる

オフィスの移転には費用がかるものなのです。それは新規オフィスへ入居する場合も、現在のオフィスを退去する場合も同じなのです。こうした移転には内装工事費や原状回復費などがかかってしまいます。移転時にはコストはかかるものだとは思っていたけれども、業者から送ってもらった見積もり金額を見てみると予想を超えていてびっくりしたという声もたくさんあります。こんな時、居抜きでオフィス移転を行うならばそうした問題もよりよく解決することができます。そこで、居抜きでのオフィス移転について詳しくご紹介してみたいと思います。

居抜きでオフィスを借りると、現在入居している企業の退去後はそのままその企業が使用していた内装や設備などを引き継ぐことができるのです。そのまま入居することで、そうした内装設備を工事不要で使うことができるのは新しく移転を考えている企業にとっても大きなメリットになります。こうしたオフィスは居抜きオフィスと言われ、通常であれば新しいオフィス家具の購入費用や内装工事費などが必要なところ、内装工事費を節約して入居することができます。100坪のオフィスの内装工事費用は約740万といわれます。それが居抜きオフィスを借りることで約200万になるのです。もちろん引き継ぐ内装や設備は居抜き物件によって異なっているといえますが、節約できるならそのぶんの予算を他に使うことができますのでメリットが大きいのです。これに対して、居抜きオフィスで退去するという場合も、原状回復費用やオフィス家具の移転や廃棄費用などが節約できます。100坪のオフィスの原状回復工事は約400万円と言われますが、約100万に節約することができるのはとても大きなメリットです。

居抜きにするとコスパよく移転することができる

膨大なコストがかかってしまうオフィス移転も、居抜きオフィスでのオフィス移転ならコスト削減を行いながら移転することができるのです。そのため、居抜きオフィス移転はベンチャースタートアップ企業にはぴったりの選択肢で、洗練されたデザインのオフィスにしたいといった希望も叶いやすくなります。居抜きオフィスは入居と退去という二つのニーズをマッチングさせる方法でもあり、入居時の内装工事費用や退去時の原状回復費用を抑えてオフィスの移転を行いたいという時に注目の方法です。このように、居抜きオフィスはコスパよく移転を実現することができる新しい選択肢として今とても注目されているのです。

人気記事ランキング